TOP » 妊婦さん必見!マタニティダイエットの基礎知識 » 過度なダイエットは逆効果?

過度なダイエットは逆効果?

近年、低体重児の増加が問題視されているのをご存じでしょうか?その裏には「やせ妊婦」が関係しているようです。

スタイルキープより大事なのは?妊婦のダイエットの意味

妊娠中に体重が増えすぎるのは確かに問題です。妊娠糖尿病、妊娠高血圧症、難産などのリスクが高まるので、過度な体重増加には気を付けなければいけません。

だからといってダイエットを頑張りすぎてしまい「やせ妊婦」になるのも、また違うリスクを招く恐れがあるのです。

7~8kgの体重増加は当然!無理なダイエットは禁物!

ダイエットする女性のイメージ妊娠して体重が増えるのは当然です。具体的にどの程度体重が増えるのかというと、

他にも、子宮が大きくなったり、母乳を出す準備として乳房が大きくなったりします。それらをすべて合わせると、だいたい7~8kg。つまり、それくらいの体重増加は自然なことであり、特に気にする範囲ではありません。

※体重増加の上限はBMIによって異なります。まずは自分のBMIを確認し、推奨される体重増加量を把握しましょう。

最近はモデルや芸能人の妊婦写真が注目を集め、「スタイルのいい、かっこいい妊婦さん」に憧れる人が増えているようです。女性としての魅力をキープしつつ、妊娠後のスタイルキープもできている女性は確かに素晴らしいです。しかし、過度なダイエットは母子を危険にさらすリスクがあるのです。

過度なダイエットが招くリスクとは?

妊娠中に過度なダイエットをして「やせ妊婦」になると、赤ちゃんが栄養失調になる可能性があります。栄養失調の赤ちゃん(低出生体重児)は合併症を発症するリスクが高いうえに、発達・成長が遅れてしまうことも。さらに低出生体重児は身体のさまざまな機能・器官が未熟なため免疫力も低く、感染症にかかる恐れもあるのです。

健康な妊婦のイメージまた、あるイギリスの学者は、「胎児期に栄養失調状態にあると、成人後に高血圧や糖尿病などの生活習慣病を発症しやすい」とも発表しています。少ない栄養で成長した赤ちゃんは少ない栄養で生きていける遺伝子を持っており、その遺伝子を持ったまま大人になって栄養豊富な食事を摂ると、メタボリックシンドロームのリスクが高くなってしまう・・・ということのようです。

ちなみに、妊娠中の過度なダイエットと同様、妊娠中のお酒やタバコも低出生体重児を産むリスクにつながるため、注意が必要です。

妊娠中は、太り過ぎも痩せ過ぎもNGだということが分かりましたね。母子ともども安全なお産を迎えるために、そして健やかに成長していける健康な赤ちゃんを産むために、ぜひ栄養管理をしっかりと行なって、正しい食生活を実現しましょう!

妊娠中のダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦のおすすめ健康食品
妊娠中ダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦おすすめ健康食品
妊婦さんの 簡単 ダイエット コツ ちょっと見てみる

サイトマップ