TOP » 妊婦さん必見!マタニティダイエットの基礎知識 » 過度なダイエットは逆効果?

過度なダイエットは逆効果?

近年、低体重児の増加が問題視されているのをご存じでしょうか?その裏には「やせ妊婦」が関係しているようです。

スタイルキープより大事なのは?妊婦のダイエットの意味

妊娠中に体重が増えすぎるのは確かに問題です。妊娠糖尿病、妊娠高血圧症、難産などのリスクが高まるので、過度な体重増加には気を付けなければいけません。

だからといってダイエットを頑張りすぎてしまい「やせ妊婦」になるのも、また違うリスクを招く恐れがあるのです。

7~8kgの体重増加は当然!無理なダイエットは禁物!

ダイエットする女性のイメージ妊娠して体重が増えるのは当然です。具体的にどの程度体重が増えるのかというと、

他にも、子宮が大きくなったり、母乳を出す準備として乳房が大きくなったりします。それらをすべて合わせると、だいたい7~8kg。つまり、それくらいの体重増加は自然なことであり、特に気にする範囲ではありません。

※体重増加の上限はBMIによって異なります。まずは自分のBMIを確認し、推奨される体重増加量を把握しましょう。

最近はモデルや芸能人の妊婦写真が注目を集め、「スタイルのいい、かっこいい妊婦さん」に憧れる人が増えているようです。女性としての魅力をキープしつつ、妊娠後のスタイルキープもできている女性は確かに素晴らしいです。しかし、過度なダイエットは母子を危険にさらすリスクがあるのです。

過度なダイエットが招くリスクとは?

妊娠中に過度なダイエットをして「やせ妊婦」になると、赤ちゃんが栄養失調になる可能性があります。栄養失調の赤ちゃん(低出生体重児)は合併症を発症するリスクが高いうえに、発達・成長が遅れてしまうことも。さらに低出生体重児は身体のさまざまな機能・器官が未熟なため免疫力も低く、感染症にかかる恐れもあるのです。

健康な妊婦のイメージまた、あるイギリスの学者は、「胎児期に栄養失調状態にあると、成人後に高血圧や糖尿病などの生活習慣病を発症しやすい」とも発表しています。少ない栄養で成長した赤ちゃんは少ない栄養で生きていける遺伝子を持っており、その遺伝子を持ったまま大人になって栄養豊富な食事を摂ると、メタボリックシンドロームのリスクが高くなってしまう・・・ということのようです。

ちなみに、妊娠中の過度なダイエットと同様、妊娠中のお酒やタバコも低出生体重児を産むリスクにつながるため、注意が必要です。

妊娠中は、太り過ぎも痩せ過ぎもNGだということが分かりましたね。母子ともども安全なお産を迎えるために、そして健やかに成長していける健康な赤ちゃんを産むために、ぜひ栄養管理をしっかりと行なって、正しい食生活を実現しましょう!

胎児への影響は

お腹にいる赤ちゃんは、お母さんの体から栄養をもらいながら少しずつ成長し、出産へと向かいます。
そのため、妊娠中の生活は胎児の発育に大きな影響を与えます。

妊娠中の体重管理は大切ですが、あまりに過度なダイエットをしてしまうと、お腹の赤ちゃんに栄養がしっかりと送れず、胎児の発育不全につながります。現に、痩せ型体型の女性の増加に伴い、1970年代と比べて最近では低出生体重児の割合が著しく増加しているとも言われています。赤ちゃんの発育のためには、妊娠中の過度なダイエットは逆効果となることもある、という認識は忘れないようにしましょう。

25〜29歳の女性における「やせ」の割合は、1976〜1980年の期間では13.5%であるのに対し、1996〜2000年では23.7%と著しく増加している。〜中略〜妊娠前に「やせ」の助つあいであれば胎児発育のためには相当の体重増加が必要となる。〜中略〜体重増加が不十分であることについては関心が払われてこなかった。このため、栄養不足の状態が持続していてもそれに対する指導が行われることがなく、体重増加を制限する方向への力が相対的に強く働く結果として、近年の出生時体重の減少傾向につながった可能性がある。女性の「やせ」志向の傾向は、それが妊娠中であれば胎児の発育を抑制していることにつながっている可能性があることを認識すべきであろう。

出典: (PDF) 「2) 胎児環境としての妊婦の健康管理」日本内科学会雑誌,95(suppl号)2006 [PDF]

母体への影響は

加えて、妊娠中に過度なダイエットをすることで妊婦さんの健康にも大きなリスクが生じます。例えば貧血や、切迫早産のリスク上昇もその一つ。また、ダイエット中にカルシウムが十分に取れないと、もともとカルシウムを非妊娠時よりも多く必要とする妊婦さんの体では、カルシウム不足が深刻に。その結果、骨がもろくなったり、将来の骨粗鬆症リスクを高めてしまう可能性もあります。

過度なダイエットは、妊娠中に必要な栄養素が不足することにもつながります。赤ちゃんに栄養を送るためだけでなくママの体を守るためにも過度なダイエットは厳禁と言えるでしょう。

貧血予防や骨粗鬆症予防のためにも、ダイエットのしすぎは禁物。しっかりと、栄養バランスの整った食生活を送れるように心がけてみましょう。

妊娠各時期の食生活の把握を試みた〜中略〜今回エネルギー、カルシウム、鉄の不足による栄養、初期指導の必要なものが予期の段階で対象者の7割を超えていた。一般にエネルギーの過剰摂取が問題となっている今、妊婦においても妊娠以降の生活習慣病の問題から、できる限りエネルギーの過剰摂取を避けることが望ましい。しかし、エネルギーの摂取量が少ないものほど微量栄養素の摂取が少ない結果となっており、バランスの取れた栄養をいかに取るかと追うことが求められる。

出典: (PDF) 「妊娠期の食品摂取状況と栄養指導のあり方について」栄養学雑誌,61(3)2001 [PDF]

体重が気になってきたときのコントロール方法

妊婦さんは太りすぎない方がいい…。でも妊婦さんは痩せすぎ禁止!

そう言われてしまうと、実際に今妊娠している方のなかには「一体どうしたらいいの!」と混乱してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

体重が気になってきたときの体重コントロール方法は、妊娠の時期によっても異なります。

例えば、つわりがひどい妊娠初期は、体重コントロールを意識する・しないに関わらず、つわりで食欲が減退。自然と痩せてしまう方もいるかもしれません。そのため、妊娠色ではあまり体重のことは気にせず、食べたいものを食べるようにするといいでしょう。
もしも体重が減ってしまったなら、つわりが軽くなった後に、体重を戻せば大丈夫です。

一方、妊娠中期になると安定期に入り食欲が増すママも多いもの。食事がより美味しく感じられて「ついつい食べ過ぎてしまった」ということもあるかもしれません。この時期は、体重の増えすぎに注意して運動を適度に生活に取り入れましょう。この時期の運動量が、産後の体重の戻りの良さにつながるという説もあるそうです。
体重増加は1ヶ月に1kgくらいが目安。お医者さんと体重について相談しながら、普段の食生活ではバランスの良い献立を意識し、鉄分やカルシウムなど妊婦さんに不足しがちな栄養素をしっかり摂るようにしましょう。

妊娠中のダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦のおすすめサプリメント
妊婦さん向けおすすめ
ダイエットサプリ
妊婦さんの 簡単 ダイエット コツ ちょっと見てみる

サイトマップ

子供も妊婦も安心して使える!
大豆発芽エキス配合
「ジュゲン」