体重増加が気になる妊婦さんのダイエットをサポートします!

ダイエット食品はOK?

妊娠前からサプリやダイエット食品をとっている人も多いと思いますが、妊婦さんになってからでも、ダイエット食品をとっても良いのでしょうか?

妊婦さんにダイエット食品はNG?

胎児に影響を与える場合もあるので、基本的に妊娠中はダイエット用サプリを使ってはいけません。また、妊娠中だけでなく、授乳中も控えるようにしましょう。食事をダイエット食品に置き換えるのも絶対にNGです。

ダイエットサプリではなく、ビタミン剤などの栄養補助食品なら、妊娠中でも害がないものが多いので、妊娠中に飲んでも大丈夫なようです。

ウィズオプレ

私は妊娠中、ヒドイ便秘に悩まされていましたが、友人に紹介してもらったウィズオプレという栄養ドリンクで、便秘を解消することができました。ウィズオプレのように、トクホを取得しており、妊婦さんでも安心して飲めるサプリやドリンクであれば、安心です。

タブレット状のサプリなどと違い、美味しい微炭酸の栄養ドリンクなので、リフレッシュ感もあり、おすすめです。

ウィズオプレをもっと詳しく

妊娠中のカフェインはダメなの?

妊娠初期にコーヒーや紅茶を1日8杯以上飲むと、妊婦さんやお腹の赤ちゃんに悪影響がある可能性があり、4~7杯飲む場合も危険が2倍になるそうです。しかし、コーヒーや紅茶が大好きで、どうしても飲みたいという方もいるでしょう。1日に300mgまでであれば、カフェインを摂っても、妊娠への影響はないそうです。

カップ1杯(140ml)のコーヒーに含まれるカフェインは56mgですから、マグカップで1日1~3杯くらいは飲んでも大丈夫なようです。カフェインには気分をリラックスさせる効果もあるので、1日に飲んで良い目安を覚えておくと安心です。

カフェインを大量に摂取すると、不眠や興奮などの副作用が出ることがあります。また、胎盤の血流を減少させるとも言われていますので、授乳中も大量に飲まないようにしましょう。

妊婦さんにはNGのハーブ

ハーブティーは、妊娠中のノンカフェインの飲み物として人気があり、妊婦さん専用のハーブティーなどもあります。しかし、妊娠中は控えた方がよいハーブもあります。

妊娠中は控えた方がよいハーブの主なものは、ウコン・シナモン・サフラン・センナ・セージ・レモングラス・ローズマリーなどがあります。これ以外のハーブを摂る際も、必ず医師に確認しましょう。