TOP » 妊婦さん必見!マタニティダイエットの基礎知識 » 難産の誘発

難産の誘発

ここでは、急激な体重増加や太り過ぎが「難産」を誘発することについてくわしく解説。その原因や、予防策などを紹介していきます!

そもそも妊娠中は、つい体重が増えてしまいがち

つわりが終わると同時に食欲が増したり、産休に入ってから体重がグンと増えたり…という人も多いのではないでしょうか?

臨月の時期の体重増加は自然なことなのであまり神経質にならなくても大丈夫ですが、ただ、あまり急激に体重が増えたり、太り過ぎたりすると、難産のリスクが高まってしまうことも事実です。

太り過ぎが難産を誘発してしまう理由とは…?

なぜ妊娠中に体重増加をし過ぎると、難産の危険性が増すのでしょうか?

産道に脂肪が付いてしまう

妊娠中の身体は、お腹の中の赤ちゃんを守るために皮下脂肪を溜めようという機能が働きます。そうして脂肪が増え過ぎると、内臓に脂肪が付くのはもちろんですが、赤ちゃんが産まれてくる時に通ってくる「産道」にもたくさん付いてしまいます。産道に脂肪が付き過ぎると赤ちゃんが通りにくくなり、その分お産に時間がかかってしまうのです。そして、お母さんの体力も、赤ちゃんの体力も奪ってしまいます。

赤ちゃんが大きくなり過ぎてしまう

出生体重が4,000g以上の赤ちゃんを巨大児と呼びますが、この場合、自然分娩が難しく、帝王切開が選択されるケースも多くなります。自然分娩が難しくなる理由としては、次のようなものが挙げられます。

予防のための対策は?

妊娠中の順調な体重増加はむしろ必要なことなので心配いりませんが、やはり、急激な体重増加・太り過ぎは難産のリスクを高めることが分かりましたね。

では、どのように対策をすればよいのでしょうか…?

やはり、食事の管理(栄養・カロリー管理)や、適度な運動を行なうことが大事です。無理な食事制限や激しい運動によるダイエットは絶対NGですが、油や糖分の多い食べ物を控えたり、妊娠中でも安心の健康補助食品で栄養・カロリーコントロールをしたり、適度に身体を動かしてリフレッシュしたり。日頃の生活習慣で対策はできるので、安産のためにも常に心掛けておきましょう。

妊娠中のダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦のおすすめ健康食品
妊娠中ダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦おすすめ健康食品
妊婦さんの 簡単 ダイエット コツ ちょっと見てみる

サイトマップ