TOP » 妊婦さん必見!マタニティダイエットの基礎知識 » どんな食事をすれば良い?

どんな食事をすれば良い?

妊娠中はとってもおなかが空いたり、のどが渇いたりするもの。「赤ちゃんがほしがってるのよー」なんて言い訳しながら、どんどん美味しいものを食べている方もいます。

妊婦さんと赤ちゃんのためにはダイエットも重要ですが、健康的で太らない食事をする必要があります。

ダイエットよりも重要?妊婦さんの健康的な食事

妊婦さんが健康的で太らない食生活をするためには、以下のことを心がけると良いでしょう。

  1. 主食を白から茶色にする
    白米よりも玄米・白いパンよりも全粒粉パンやライ麦パン・うどんよりもそば・パスタなら全粒粉パスタを食べましょう。低インシュリンで太りにくいだけでなく栄養もあります。
  2. 薄味にする(塩は天然塩、砂糖は三温糖、酢やレモンを使う)
    塩分を控えるためと、主食の食べすぎを防ぐために薄味にします。塩の代わりに酢やレモンを使い、しそ・ハーブなどで風味をつけるといいです。酢やレモンはいつでも使えるように、常に食卓に置いておくといいですよ。
  3. とうふなど大豆・豆製品をたくさん食べる
    植物性の良質なたんぱく質がたっぷり摂れる上に、太りにくい体になります。
  4. 食事は3食きっちりと摂り、間食はしない
    海草やこんにゃくを意識的に摂る。食物繊維やミネラルがたっぷりの、ノンカロリー食品をおなかいっぱい食べれば、間食もしたくなくなります。
  5. デザートは果物かヨーグルト・ドライフルーツなどにする
    カロリーや糖分が低いものを摂るようにしましょう。

妊婦さんのダイエット

妊娠する前に行う美容ダイエットとは違い、妊娠中のダイエットは、食生活を見直すことが必要です。自分と赤ちゃんのために、体に良いものは何か?何が成長に必要なのか?といったことを真剣に考えなくてはいけません。

妊娠中毒症を防ぐために、妊娠中は塩分やカロリーを控えめにします。味気ない食事は嫌だという方や、妊娠前にダイエットしたけど続かなかったという方も多いでしょう。でも、今度は自分のためではなく、赤ちゃんのためだと思えば、頑張れるのではないでしょうか。そして、そのことが妊娠中毒症や、それが原因で起こる流産・切迫早産を防ぐことにもつながります。

妊娠中のダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦のおすすめ健康食品
妊娠中ダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦おすすめ健康食品
妊婦さんの 簡単 ダイエット コツ ちょっと見てみる

サイトマップ