TOP » 妊婦さん必見!マタニティダイエットの基礎知識 » 妊娠糖尿病

妊娠糖尿病

妊娠中はインスリンの働きが落ちるため、気を付けていないと妊娠糖尿病を発症することがあります。このページでは、妊娠糖尿病の症状や原因、対策など、くわしく解説をしていくのでぜひ参考にしてください。

妊娠糖尿病とは?

妊娠の影響により発症する糖代謝異常の一種。妊娠中に初めて発見・発症したものであり、糖尿病まではいかない軽度の症状を指します。重度の場合は、妊娠中に診断された明らかな糖尿病として区別され、また妊娠前から糖尿病の診断をされていた女性が妊娠した場合は、糖尿病合併妊娠というふうに呼ばれます。

妊娠糖尿病は約12%の発症率となっており、妊婦さんの10人に1人は発症しています。これまで糖尿病と縁がなかった女性でも発症の可能性は十分にある病気です。

妊娠糖尿病の原因は?

妊婦の検診のイメージ妊娠により血糖値が上がりやすくなることが一番の原因と言われています。

胎児はブドウ糖をエネルギー源にして大きくなるので、お母さんの身体は、ブドウ糖を胎児のために優先的に使うよう変化します。本来、食べ物により取り込まれたブドウ糖は膵臓から出る「インスリン」と呼ばれるホルモンが作用して体内に取り込まれエネルギーになるのですが、妊娠をするとインスリンの作用を抑制するホルモンが胎盤から分泌されてブドウ糖が取り込まれにくくなり、胎盤を通して赤ちゃんへと流れていくようになるのです。

そのため妊娠中はブドウ糖が分解されにくくなり、甘いものをたくさん食べたりすると血糖値が急上昇してしまうわけです。また、インスリンを抑制するホルモンが過剰分泌されてしまい、ブドウ糖がさらに分解されにくくなることもあるようです。

ちなみに、次の項目に当てはまる女性は妊娠糖尿病になりやすいと言われているので注意が必要です。

妊娠糖尿病の症状は?

妊娠糖尿病は、実は自覚症状がほぼありません。トイレが近くなったり、のどが渇きやすくなったりすることはあるようですが、妊娠に伴って現れる一般的な症状と似ているため見分けが難しいのです。

ただ、母体や胎児に悪影響があることは知っておきましょう。

状態が悪化すると妊娠高血圧症候群や早産・流産を起こしやすくなるほか、胎児発育不全・胎児機能不全などを引き起こす可能性も高くなります。また先天的奇形や高ビリルビン血症が現れる可能性もあります。退治が成長しすぎて難産となったり、出生後に新生児低血糖を発症するリスクなどもあるので、いくら自覚症状がないとはいっても早期発見・治療が大切です。

予防のための対策方法は?

予防には、栄養バランスのとれた食事と、適度な運動がとても重要となります。妊娠中はさまざまなトラブルが重なることもあり大変ですが、正しい食生活と運動習慣は安全なお産にもつながることなので、ぜひ日頃から心掛けて生活をしましょう。

妊娠中のダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦のおすすめ健康食品
妊娠中ダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦おすすめ健康食品
妊婦さんの 簡単 ダイエット コツ ちょっと見てみる

サイトマップ