TOP » 妊婦さん必見!マタニティダイエットの基礎知識 » 妊娠中の体重管理法とは?

妊娠中の体重管理法とは?

妊婦さんのイメージおなかの中にいる可愛い赤ちゃんに、うーーんと栄養を与えてあげなくっちゃーと、美味しいものを沢山食べているプレママさん。ちょっと待ってください!!

私も最初の赤ちゃんができた時は、すっごくうれしくって、栄養たっぷりで美味しいものをどんどん食べました。そして後でとってもつらい目にあったんです(泣)

妊婦さんの体重管理はとても重要ですが、体重がどのくらい増えるかは、妊娠前の体形によって異なるということをご存知でしょうか?ダイエットの前に、まず自分の体形に応じた体重増加量の目安を知ることからはじめましょう。

【PICK UP!】先輩ママのおすすめダイエットサポート食品>>

妊婦のダイエットは体重増加量の目安を知ることから

体重増加量の目安を知るために必要なのが、体型(BMIによる肥満度)を知ることです。BMIの計算式と体型による適切な体重増加量は次の通りです。

妊娠前の体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))=BMI

ただ、妊娠初期はおなかの赤ちゃんの成長がわずかなので、あまり体重を増やさないほうがいいでしょう。「妊婦はたくさん食べるべき」というのは昔のことで、最初にたくさん食べると習慣になってしまって、後でダイエットや体重管理が大変になります。

標準体型の場合、初期はあまり増やさないで、中期に3~4kg、後期に4~5kg、最終的に10kgくらいの増加を目安にしましょう。また、増加のペースは1週間に500g程度がいいようです。

体重が増えるとこんなに危険!

妊婦にとって肥満はハイリスクとなり、難産の原因となります。産道に脂肪が付き産道が狭くなると、赤ちゃんがスムーズに下りられずにお産が長引いたり、産道の周囲の組織が傷付いたりします。

お母さんが太ると赤ちゃんも大きくなります。4,000g以上ある赤ちゃんだと、頭は出たけど肩が引っかかって出てこないこともあります。

赤ちゃんが大きいと、子宮筋が伸びてしまって子宮の収縮が悪くなるので、陣痛がなかなか強くならず、お産が長引いてしまうこともあります。お産が長引くと、赤ちゃんは低酸素状態となり、お母さんは体力を消耗して、うまくいきめなくなってしまいます。

このほか、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などにかかりやすくなりますし、腰痛がひどくなることもあります。

上手に体重管理しましょう

おなかの赤ちゃんには、必要な栄養を送らなければならないので、太るのは良くないからといって、食事制限や激しい運動など、妊娠前のようなダイエットはしないでください。栄養バランスが整った食事をし、余計なエネルギーは省くというのが理想的です。経過が順調なら、ウォーキングや家事などをして、なるべく体を動かすようにしましょう。

うまく体重管理をするためのコツとして、以下のことを心がけるようにしましょう。

これらのことに気をつけるだけで、体重管理はグンと簡単になりますよ。

妊娠中の体重管理のポイント

妊娠中に体重が増えていくのは当たり前のことですが、太りすぎは妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病などになりやすくなります。体重が増えすぎたからといって無理なダイエットをすると、赤ちゃんにもお母さんにも負担がかかってしまい、良くありません。

ここでは健康な生活を送るために、妊娠中の体重管理のポイントを紹介していきます。

妊娠中の体重管理「食事」

妊娠中の体重管理で最も大切なのは、やはり食事の管理ですね。妊娠の時期によっても摂取すべきカロリーの目安も変わるため注意が必要ですが、基本的にそれほど食べる量は増やさなくても大丈夫です。

妊婦さんと赤ちゃんに必要な栄養素である鉄分やたんぱく質、ビタミンやミネラルなどを含む食べ物を多く摂り、妊娠中のリスクにつながる塩分や脂肪はなるべく避けるようにしましょう。

妊娠中の栄養摂取+ダイエットに最適な『理想のダイエットサポート食品』とは?>>

妊娠中に必要な栄養素を効率的に摂れる、おすすめ食材

妊娠中の体重管理「運動」

ダイエットと聞いてまず思い浮かぶのは、運動という方も多いでしょう。

しかし、妊娠中のダイエットに関しては、あくまでも食事が基本です。特に、普段あまり運動をしなかった方が、妊婦になったからといって急に体重管理を目的に運動をはじめるのは、流産や早産の原因にもなりますので、おすすめできません。

妊娠中の運動は、普段の生活の中で無理なくできる、散歩ストレッチ程度にしておきましょう。

妊娠中のダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦のおすすめ健康食品
妊娠中ダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦おすすめ健康食品
妊婦さんの 簡単 ダイエット コツ ちょっと見てみる

サイトマップ