体重増加が気になる妊婦さんのダイエットをサポートします!

妊婦さんのダイエット応援サイト » 妊婦さんのダイエット基礎知識 » 妊婦さんの太りすぎてしまうリスクとは?

妊婦さんの太りすぎてしまうリスクとは?

妊娠中に体重が増えていくのは自然なことです。お腹の中では赤ちゃんが育ち、そのための胎盤・羊水や乳房、子宮を守るための皮下脂肪などによって、体重は増加していきます。

これらの増加に考えられるものを合計すると、体重が一番増える妊娠後期で約7㎏~12kgと言われています。

個人差や妊娠前の肥満度にもよりますが、多すぎても少なすぎてもよくありません。特に、太りすぎると妊婦さん特有の病気(妊娠中毒症・妊娠糖尿病)になってしまったり、出産時に難産になってしまうなど、リスクも増加してしまうのです。

妊婦さんの太りすぎによるリスクとは?

妊娠中毒症になる可能性が高くなる

むくみ、高血圧、たんぱく尿のどれかひとつでも症状が出たら「妊娠中毒症」ですが、実は太りすぎると発症する可能性が高くなってしまうのです。妊娠中毒症が悪化すると、胎盤の機能が低下して赤ちゃんに栄養が行き渡らなくなり、早産や未熟児の原因になってしまい、母子ともに大変危険な状態になってしまいます。

妊娠糖尿病になる可能性が高くなる

「妊娠糖尿病」になり、血液中の血糖に異常が起こると、お腹の中の赤ちゃんまで皮下脂肪が増えて太り気味になってしまいます。体重4000gを超える巨大児になると、帝王切開の可能性も高くなります。また巨大児の赤ちゃんは、体のわりにひ弱で、内臓の機能が未熟になってしまう可能性もあります。

出産時のトラブルが起こりやすくなる

太りすぎると産道にも脂肪がついてしまい、赤ちゃんが下がってきにくくなります。また、子宮収縮が弱まって本陣痛がなかなか始まらず、出産に時間がかかってしまい、いわゆる難産になってしまう可能性が高くなります。

体重増加のリスクはこんなところにも

妊娠中の体重増加は病気や出産時だけではなく、普段の生活にも影響が出てきます。

体重増加によって妊娠前には全くなかった腰痛膝痛が出てきたり、脂肪が増えることで心臓に負担がかかったり、妊娠線が通常より入りやすくなってしまったりなど、太りすぎてしまうと良いことはなにもないのです。

体重増加に気を付けて、素敵なマタニティライフを送りましょう。