TOP » 妊婦さん必見!マタニティダイエットの基礎知識 » 妊娠中毒症

妊娠中毒症

妊婦さんが注意すべき、妊娠中毒症の原因や症状、対策方法などについて解説します。

妊娠中毒症とは?

血圧を測るイメージ妊娠中毒症は、正確には「妊娠高血圧症候群」と呼ばれています。

妊娠から20週以降に高血圧が発症し、出産後12週までに正常な血圧に戻るのが具体的な症状です。

この場合の高血圧とは、収縮期血圧:140mmHg以上または拡張期血圧:90mmHg以上の場合を指し、妊娠高血圧症候群ではこのうち拡張期血圧が上昇するという特徴がみられます。

実は20人に1人ぐらいの割合で発症すると言われており、そんなに珍しい症状ではありません。

以前は、高血圧、むくみ、蛋白尿の症状を伴う病気を「妊娠中毒症」と呼びましたが、最近の研究においては、妊娠中毒症は血管の病気でありその主な原因が高血圧であると分かってきました。そのため、現在は高血圧を他の症状と区別し、「妊娠高血圧症候群」と呼んでいるのです。

母子に与える影響とは?

では、妊娠中毒症がお母さんとおなかの赤ちゃんにどのような影響を与えるのか、解説していきましょう。

妊婦

妊娠32週以降に発症するケースが多いと言われている妊娠高血圧症候群ですが、最も重症化しやすく、注意すべきなのは、早発型と呼ばれる32週未満の発症ケースです。重症化してしまうと、蛋白尿や血圧上昇などの症状にくわえ、子癇と呼ばれる痙攣症状や脳出血、腎・肝臓の機能障害、また最悪の場合は「HELLP症候群」という肝機能障害や溶血を伴う異常も起こり得ます。

胎児

胎児へのリスクもさまざま。胎盤からうまく栄養が行き届かず発育が悪くなったり、通常よりも体重の少ない状態で産まれてしまったり、産前に赤ちゃんが胎盤から剥がれてしまったり、お腹の中で急に亡くなってしまったり・・・といった可能性が考えられます。このような状態になると母子ともに非常に危険なため、帝王切開が選択されるケースもあります。

妊娠中毒症の対策方法は?

妊娠高血圧症候群のハッキリとした原因は、実はまだ分かっていません。しかし、次の項目に当てはまる場合は発症しやすいと言われているため、注意が必要です。

上記のほか、塩分の過剰摂取や急激な体重増加によっても発症のリスクが高まると言われています。プレママのみなさんは、食事には十分に気を遣って、体重増加には注意を払うようにしてください。

妊娠中のダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦のおすすめ健康食品
妊娠中ダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦おすすめ健康食品
妊婦さんの 簡単 ダイエット コツ ちょっと見てみる

サイトマップ