体重増加が気になる妊婦さんのダイエットをサポートします!

妊婦さんのダイエット応援サイト » 妊婦さんのダイエット基礎知識 » 体重管理で妊娠線を予防しましょう

体重管理で妊娠線を予防しましょう

妊娠によってお腹が大きくなってくると、気になってくるのが「妊娠線」についてではないでしょうか。

妊娠線は妊婦さんの約半数に現れてくるとも言われています。

妊娠線のできる時期は、個人差もありますが、つわりが治まりお腹が大きくなり始める、妊娠5ヶ月頃からできることが多いようです。

しかし最近は、ちゃんとケアをすることによって、予防や対策がとれることが分かっておりますので、ご安心してください。

まずは妊娠線のできる原因とメカニズムから見ていきましょう。

妊娠線のできる原因

妊娠線のできる原因は大きく分けて2つあります。

ひとつ目は、皮膚の急激な伸び

妊娠中は体重も増加し、お腹だけではなく、お尻や胸なども妊娠前より大きくなります。皮膚の表面は一緒に伸びることができますが、その下にある真皮や皮下組織の一部であるコラーゲン、弾性繊維は急激な伸びにはついていけず、断裂が起こり、内部に亀裂が入ったような見た目になります。

そして、ふたつ目の原因はステロイドホルモンによる影響です。

妊娠中はコルチコステロイドというホルモンの分泌が増加するのですが、このホルモンには肌の弾力を失わせる働きがあります。

皮膚は通常、ターンオーバーという新陳代謝を通して新しい肌に生まれ変わっています。しかしこのコルチコステロイドというホルモンが活性化する影響で、ターンオーバーが抑制され、コラーゲンの生成も抑えられてしまうのです。

ターンオーバーが抑制された肌は次第に弾力を失い、肌そのものが弱くなってしまうため、妊娠中は妊娠前と比べて皮下組織の断裂が起こりやすくなってしまっているのです。

妊娠線を防ぐポイント

妊娠線の予防法で一番効果的なものとしては、体重のコントロールがあげられます。あまり急激に体重を増やしてしまうと、真皮や皮下組織の伸びが追いつけず、断裂につながってしまうので、食事や軽めの運動などで体重をコントロールして、ゆるやかな体重増加を目指しましょう。

肌の弾力を保つには、保湿ケアも効果的です。妊娠線専用のクリームやオイル、美容液などで保湿をしながら潤いを与えることで、妊娠中でも肌をハリのある状態にキープすることができます。

妊娠線のケアはお腹が大きくなり始めるころからスタートさせたほうがいいのですが、臨月になってからも忘れずにケアを続けるのが大切。

出産前の一週間も妊娠線のできやすい時期ですので、ここまでの頑張りが無駄になってしまわぬよう、最後までしっかりとケアをしましょう。