TOP » 時期別・妊婦さんのダイエット生活

時期別・妊婦さんのダイエット生活

妊婦さんにとって、体重の増加は目を背けることのできない大きな壁。無理なダイエットは絶対にしてはいけませんが、食事や運動など普段の生活に気を使って、体重の増えすぎを防がなければなりません。

そのためには、より効果的な方法を知らなければなりませんが、その方法は、実は時期によって違うんです。

妊婦さんはどんなダイエットをすれば良いの?

妊娠初期は、まだ不安定な時期なので無理な運動は禁物。しかし、運動不足のせいで、体重が増加したり、腰痛になったりしてしまうこともあります。 毎日じっとしていると、かえってストレスになってしまうということもあるので、ウォーキングなど適度な運動も必要なんですね。食事に関しては、つわりがひどい時期なので、無理をせずに食べたいものを食べましょう。

妊娠初期のダイエット方法ガイドはこちら

妊娠中期は、つわりも治まって食欲がでてきて、つい食べ過ぎてしまいむくみや妊娠中毒症になる危険があります。食べ過ぎないように注意しながらバランスの良い食事をするようにしましょう。運動不足解消にはマタニティヨガやマタニティビクスなど、楽しみながらできるような運動がおすすめです。

妊娠中期のダイエット方法ガイドはこちら

妊娠後期は赤ちゃんの成長がとても早く、体重が一気に増えてしまう人が多くいます。運動不足になると、太りすぎるだけでなく、便秘になったり、腰や背中など身体の痛みがひどくなったりするので、出産時や出産後に備え軽いウォーキングや軽い体操などをして、体力作りをしましょう。赤ちゃんや子宮が大きくなると便秘になりがちなので、便秘にならないように気をつけることも大切です。

妊娠後期のダイエット方法はこちら

また、身体についた脂肪は産後6ヶ月以降になると落ちにくくなるので、産後ダイエットは出産後1ヶ月から6ヶ月までの間に行うと良いでしょう。産後ダイエットに効果的なサプリや健康食品もありますが、授乳中は成分に十分気をつけなくてはなりません。

それぞれの時期のダイエット法について、各ページでさらに詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

出産後も体重増加には注意が必要!

赤ちゃんも無事生まれ、妊婦生活を終えた後に気になるのは産後の体型。身体についた脂肪は産後6ヶ月以降になると落ちにくくなるので、産後ダイエットは出産後1ヶ月から6ヶ月までの5ヶ月間で勝負しなくてはなりません。

この時期に頑張ってダイエットすれば、出産前の体型に戻すことができますが、身体の調子が戻っていない出産後1ヶ月間は体調を崩すこともあるので、産後ダイエットを開始するのは出産後1ヶ月してからにしましょう。

妊娠中に太りすぎは禁物

安定期になると食欲が出てきて、食べ過ぎてしまいがち。でも、太りすぎると妊娠中毒症になる可能性が高くなり、産後のダイエットも大変になるので、妊娠中は太りすぎないように気をつけるようにしてください。妊娠中の体重増加は妊娠前の体型にもよりますが、10kg以内にするのがベストだそうです。

妊娠中にはタンパク質、カルシウム、ミネラルを十分にとって、脂肪分を控え、栄養バランスのよい食事をしておきましょう。そうすれば、産後ダイエットも効果的になりスムーズに痩せることができます。また、妊娠中の食欲を産後もひきずって、肥満体型になってしまわないように注意しましょう。

産後の運動

妊娠前に比べて体力も落ちているので産後ダイエットのための運動は、体に負担をかけないものが基本となります。

赤ちゃんもいて屋外の運動は難しいので、道具を使わず育児の合間に気軽にできるヨガやピラティスがおすすめです。無理せず、毎日少しずつ時間を見つけて行ってみてください。

授乳中は成分にも注意

産後ダイエットに効果的なサプリや健康食品もありますが、ダイエットに効果がある時期は、ちょうど授乳中の時期です。健康食品の注意書きに「授乳中の摂取は控えてください」と書かれているものが多いように、成分には十分気をつけなくてはなりません。

特に、アミノ酸は成長ホルモンの分泌を増やすため、赤ちゃんの成長を早めてしまう恐れがあるので、要注意です。

妊娠中のダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦のおすすめ健康食品
妊娠中ダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦おすすめ健康食品
妊婦さんの 簡単 ダイエット コツ ちょっと見てみる

サイトマップ