体重増加が気になる妊婦さんのダイエットをサポートします!

初期(~15週)

妊娠初期は、まだ不安定な時期なので無理な運動は禁物です。とはいえ、あまりにも動かないでいると、体重が増加したり、腰痛になったりします。

普段からジムに通っていた方にとっては、毎日じっとしていると、かえってストレスになってしまうということもあるでしょう。

妊娠初期のダイエットはウォーキングがおすすめ

つわりのひどい時期ですが、景色を見ながら歩くことによって気分転換にもなり、また、適度に体を動かすことで、つわりの症状も軽減されます。

妊婦さんウォーキングの持ち物
・母子手帳、保険証、産婦人科の診察券、水またはお茶、タオル(妊娠中は汗をかきやすい)、帽子(日焼け止め対策)、携帯電話、お金(もしものときにはタクシーで病院へ)
持ち物はリュックやウエストポーチに入れておくと良いです。

ウォーキングの方法
・初めは無理をせずに15分ぐらい歩き、大丈夫だったら水を飲んで、また15分歩きましょう。
・手を大きく振って歩きましょう。歩幅を大きくすると消費カロリーが大きくなります。
・呼吸は鼻から深く吸って口から吐きましょう(陣痛時と同じ呼吸法)。

注意点
・体調が悪くなったときに困るので、あまり遠くへは行かないようにしましょう。
・ウォーキングを始める前に医師に相談しましょう。

妊娠初期の食事

つわりがひどい時期なので、食事については特に気にする必要はありません。無理をせずに食べたいものを食べても大丈夫です。

また、便秘になりやすい時期なので、便秘を解消することも大切です。水分はこまめにとるようにしましょう。