TOP » 時期別・妊婦さんのダイエット生活 » 後期(~39週)

後期(~39週)

このページでは、そんな妊娠後期(~39週)のダイエットについて、くわしく解説していきます。

お腹が大きくなり、体重管理が難しくなる

赤ちゃんの成長が非常に早い妊娠後期。体重が一気に増えた…という方も多いでしょう。お母さんの身体に対する負担が大きくなるため、食欲はなくなりがち。また、重い物は持たないように!人込みには行かないように!など周りから言われるようになり、外へ出る機会が減るのもこの時期の特徴だと思います。

運動不足になってしまうと、太るのはもちろんですが、便秘を引き起こしたり、背中や腰など身体の痛みがひどくなってしまうこともあります。また、適度に運動をしないと赤ちゃんがお腹の中から下へ降りてこないので、出産予定日が遅れてしまう可能性も。さらに、出産時・出産後に備えて筋力や体力をつけておくという意味でも、適度な運動は大事なのです。

大きなお腹で動きにくいこともありますが、この時期の体重管理は重要です。

身体を無理に動かすと、お腹の張りがひどくなることもありますので、体調を見ながら適度な運動を心がけましょう。

【PICK UP!】先輩ママのおすすめダイエットサポート食品>>

妊娠後期に取り入れたい運動

妊娠前から運動を続けてきた人や妊娠中期からマタニティヨガなどをやっていた人はいいですが、後期になってから急にスイミングやマタニティヨガを始めるのは無理ですし、お医者さんも許可してくれないでしょう。しかし、適度な運動をしないと子供が下に降りて来ないため、予定日が遅れてしまうことも。また、出産時や出産後に備え、体力も筋力も必要です。

軽いウォーキングをしたり、家の中で妊婦向け体操などをして、体力作りをしましょう。家の掃除などの家事をすることも、良い運動となります。妊婦さんがトイレ掃除をすれば、安産になると言われているのも一理ありというわけですね。

便秘にならないように気をつける

子宮や赤ちゃんが大きくなってくると、大腸が圧迫されることによって便が出にくくなります。そのうえ、運動不足により腹筋の筋力も低下しがちなので、便秘になる人が多いのです。

便秘は痔や静脈瘤などを招くほか、ガスが溜まってお腹が張り、苦しくなることもあります。

水分をこまめに摂る、食物繊維の多い食べ物を積極的に摂る、毎朝決まった時間にトイレに入る習慣をつけるなど、便秘にならないような工夫をして過ごしましょう!

妊娠中のダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦のおすすめ健康食品
妊娠中ダイエットピッタリ!
先輩ママ推薦おすすめ健康食品
妊婦さんの 簡単 ダイエット コツ ちょっと見てみる

サイトマップ