体重増加が気になる妊婦さんのダイエットをサポートします!

後期(~39週)

妊娠後期は赤ちゃんの成長がとても早いので、体重が一気に増えてしまう人が多いです。また母体への負担も大きくなり、食欲不振にもなりがち。周りから重い物は持っては駄目だとか、人込みには行かないようにとか言われ、出不精になっているのではないでしょうか?

大きなお腹で動きにくいこともありますが、この時期の体重管理は重要です。運動不足になると、太りすぎるだけでなく、便秘になったり、腰や背中など身体の痛みがひどくなったりしてしまいます。

身体を無理に動かすと、お腹の張りがひどくなることもありますので、体調を見ながら適度な運動を心がけましょう。

妊娠後期の運動

妊娠前から運動を続けてきた人や妊娠中期からマタニティヨガなどをやっていた人はいいですが、後期になってから急にスイミングやマタニティヨガを始めるのは無理ですし、お医者さんも許可してくれないでしょう。しかし、適度な運動をしないと子供が下に降りて来ないため、予定日が遅れてしまうことも。また、出産時や出産後に備え、体力も筋力も必要です。

軽いウォーキングをしたり、家の中で妊婦向け体操などをして、体力作りをしましょう。家の掃除などの家事をすることも、良い運動となります。妊婦さんがトイレ掃除をすれば、安産になると言われているのも一理ありというわけですね。

便秘にならないように気をつける

赤ちゃんや子宮が大きくなると、大腸を圧迫するので便が出にくくなります。また、運動不足で腹筋の筋力が低下するために便秘になりがちです。

便秘になると痔や静脈瘤になり、ガスがお腹に溜まるとお腹が張って苦しくなるので、朝決まった時間に必ずトイレに行く、水分をこまめに補給する、繊維質の多い食事をとる、サプリを飲むなど、便秘にならないように気をつけるようにしましょう。